離れ乳を治す

もしかして離れ乳!?離れ乳の定義はこれだった

バストの悩みの中でも『私って離れ乳なのかな?』というものが多くなっています。

 

あなたのバストは離れ乳なのでしょうか?
離れ乳の定義をおまとめいたしました!

 

★ ブラジャーが理想形

 

理想のバストの位置は、ブラジャーをつけた位置です。
ブラジャーを外したときに多少離れたりするのは普通なのですが、大きく位置がずれてしまうという人は離れ乳である可能性があります。

 

また、ブラジャーをつけるときに胸を中に集めるようにしてつけないと安定しないという人も、離れ乳である可能性を考える必要があります。

 

一番の理想形はブラジャーの形だということを覚えておきましょう。

 

★ 詳しい定義はない

 

離れ乳に関しては、詳しい定義はありません。
つまり、あくまで本人の感じ方であるということです。

 

一般的には、Cカップ以上あるのにブラジャーをつけていない状態で谷間ができにくいという人は、バストの間が離れている印象を与えやすいと言われています。

 

また、耳から足に向かって垂直に降ろした先に乳首があるのが一般的なので、これよりも外にある場合には『離れ乳なのかもしれない』と思って良い基準といえるでしょう。

 

ですが、離れ乳は毎日の生活を少し変えるだけでも改善が期待できるので、こまめに鏡を見てチェックするようにしましょうね。

胸の大きさに離れ乳は関係ない!実はその習慣がNGだった!

離れ乳は、胸の大きな人だけがなるものではありません。
毎日の生活の中に、胸の小さな人でも離れ乳になってしまうリスクが潜んでいたんです!

 

意外と知られていない離れ乳の原因をご紹介いたします♪

 

★ サイズの合っていないブラジャーをつけている

 

離れ乳の一番の原因と言われているのが、この『サイズの合っていないブラジャーの着用』です。

 

下着の専門店などでしっかりとサイズを測ってもらってから購入しているという人は少なく、大体でサイズを予測して購入している人が大半です。

 

サイズが合っていないブラジャーをつけていると、バストが正しい位置に固定されなかったり、本来バストにあるべき脂肪が流れてしまったりして、離れ乳や垂れ乳の原因となってしまいます。

 

★ ブラジャーを外して寝ている

 

寝るときにブラジャーをしていると窮屈で寝にくいですよね。
でも、その習慣は離れ乳になってしまう原因なんです!

 

バストは脂肪のかたまりですから、筋肉と違って周りへ流れやすくなっています。

 

寝るときにブラジャーを外してしまっていると横へ脂肪が流れてしまうため、離れ乳になりやすくなってしまうんですね。

 

★ 激しいスポーツをする

 

スポーツをするときには、バストが揺れます。
この揺れは、バストを支えているクーパーじん帯を弱めてしまうんです。

 

動きの激しいスポーツをするときには、揺れをできるかぎり抑えてくれるスポーツブラを着用するようにしましょう。

手合わせ体操で離れ乳改善♪

胸のコンプレックスにもなりやすい離れ乳ですが、改善できる体操があることを知っていますか?

 

今日から自宅で簡単にできてしまう離れ乳改善体操をご紹介いたします!

 

★ バストアップにも効果のある『手合わせ体操』

 

離れ乳を改善するためには、バストの土台部分である大胸筋を鍛えて、バストを正しい位置にとどめておく必要があります。

 

そのために有効な体操は、バストアップにも効果があるとされている『手合わせ体操』です。

 

この体操は、ひじをはった状態で両手を前に合わせて力を入れ戻すということを繰り返すだけの、とっても簡単な体操です。

 

離れ乳だけではなく二の腕のお肉にも効果があるため、バスト周りを綺麗にしたいという人にもおすすめです!

 

★ 準備する必要がない

 

この体操のメリットとしては、『特に準備する必要がない』『座っていても立っていてもできる』『時間がかからない』『体力がいらない』ということが挙げられます。

 

仕事や家事で忙しいという女性でも気軽に取り組むことができるんですね。

 

さらに上級者向けの体操として、手を合わせた状態で左右へゆっくりと動かす方法もあります。
この体操だとさらに負荷がかけられますので、離れ乳改善にもさらなる効果が期待できます。
余裕がある人はこちらも試してみてくださいね。

気をつけるだけで改善できる!?今日からできる離れ乳改善術

悩みの種でもあるという人が多い離れ乳なのですが、実は毎日の生活をちょっと変えるだけで簡単に改善することができるんです!

 

そんな気をつけたい3つのポイントをご紹介いたします。

 

★ 寝るときにはナイトブラを

 

離れ乳の改善方法としておすすめなのが、この『ナイトブラの着用』です。

 

寝ているときにはバストの脂肪が横へ流れやすく、ノーブラの状態で寝ていると離れ乳が悪化してしまう危険性があります。

 

そこで、脂肪が流れ出すのを防ぐことができ、なおかつ締め付けがきつくないナイトブラやノンワイヤーのブラを着用するようにしましょう。

 

★ 姿勢をよくする

 

姿勢が悪くて猫背になっているという人は、その習慣が離れ乳の原因となっているんです!

 

バストは正面にあるのが正しい位置なのですが、猫背になっていると上から下へかける力がかかってしまうため、バストが横へ流れやすくなってしまいます。

 

また、バストを支える筋肉も衰えてしまうため、垂れ乳にもなりやすくなってしまうんです!

 

姿勢を改善することで、離れ乳も改善しちゃいましょう♪

 

★ ブラジャーをしっかりとつける

 

ブラジャーを正しくつけている女性は少ないです。
特に、離れ乳の人の中には、しっかりとカップに収めるのが大変なために適当につけてしまっているという人がいます。

 

ブラジャーをつけるときには外へ流れてしまっているバストをしっかりとブラジャーに収めるようにつけることで、あるべき場所にバストを持っていくことができるので、離れ乳で悩んでいる人にはぜひ実践してもらいたい改善術だといえます。